web戦略等の情報や、WEB構築に役立つ情報を発信

充実のアプリ!Adobe Capture CC

TOP

最近はモバイルアプリが凄すぎて、画像や動画編集なんかが非常に身近になっていますね。

画像の作成や編集はもうPhotoshopやIllustratorだけのものではありませんね。
今ではそれらにとって代わる能力たっぷりのアプリがどんどん出ています!

誰でもちょっとやる気と時間があれば、それなりのものが作れてしまうようになってきていますね。
嬉しいやら恐ろしいやら……笑

有名なAdobe社はたくさんモバイルアプリをリリースしています。
どれも便利なのですが、中でも個人的に「お、いいな」と思ったアプリが『Adobe Capture CC』です。

Adobe Capture CCってどんなアプリ?

Adobe Capture CCとは、Adobe社が出している無料の公式スマホアプリです。

Adobe Capture CC

どんなことが出来るのかというと、

●撮影した写真や画像からパターンを作成
●撮影した写真や画像の輪郭をパスに変換
●撮影した写真や画像から色を抽出、カラーチャートを作成
●撮影した写真や画像を3Dマテリアルの作成
●撮影した写真や画像からブラシを作成

といった感じです。
これが結構面白く、ちょっとした素材を作るのに最適です。
しかも、そのままPCのAdobeソフトのライブラリと同期もしてくれます。

上記に挙げた中でいくつか私も試してみました。

パターンを作成してみた

アプリを立ち上げて「パターン」をタップするとアプリから撮影できます。
もちろん、保存している写真や画像も使えますよ。
今回はこちらの色合いがちょっと禍々しいビル写真でお送りいたします(笑)

ビル

素材を選ぶとすぐにアプリがパターン化してくれます。早いです。
ただ作成するだけでなく色合いやパターンの種類も変えられますし、ビットマップとベクターを選ぶことも可能です。

パターンを作成

なんだかこうしてみるとビルの写真だったとは思えませんね。
自動で万華鏡みたいなパターンを作成してくれます。
パターンの形式はグリッドや六角形、ひし形などがあり、さらに編集しても面白いです。

作成したものはPhotoshopのライブラリから使用できます。
これで寝転がりながらでもパターンが作れます!(笑)

写真からカラーチャートの作成

カラーチャートの作成

撮った写真からカラーチャートの作成をしてみました。

写真の中から5つのカラーを拾って表示してくれます。
「ここの色が欲しい!」という場合は画面のピッカーを操作して、自分で好きな色を選ぶこともできます。
色はRGB値、HEX値(Webで使われる16進数のカラーコード)を参照でき、
Illustratorでそのまま読み込めます!
わざわざ手動で同期する必要はありません。

なかなかいい色の組み合わせが思いつかないときは非常に重宝するのではないでしょうか。
これをきっかけに新しいアイデアも浮かびそうです。

まとめ

ここまで便利になるとスマホって本当にすごいですね。
ただの連絡ツールじゃありません。夢が広がります。
デザイナーがPCを持たずにスマホひとつでまるっと仕事できる日も近かったりして…。

「編集ソフトってちょっと敷居が高いな…」なんて思っている方がいたら、まずはアプリから遊びで入ってみるのはいかがでしょう。

なんてったってフリーなのです!
触りましょう。
遊びましょう。
まずはそこからです。

by
反重力機能により地面から3cmほど宙に浮いているポジティヴ地球人です。多分。