web戦略等の情報や、WEB構築に役立つ情報を発信

PhotoshopにSenseiが実装で切り取り作業ワンクリックでほぼOK

2018年1月末にあったアップデートで、PhotoshopにSenseiが実装されました。
Senseiについては記事もあるのでこちらもどうぞ

今回実装された機能が「被写体を選択」というクイック選択ツールの拡張版的なものです。
クイック選択ツール=簡単に選択範囲を作成してくれるツール

今までの作業内容

①クイック選択ツールで必要な箇所を大雑把に選択→②細かく選択→③微調整
または
①色域指定で選択→②微調整
または
①ペンツールで選択範囲を作成→②切り抜き
が主流かなと思います。

今回の「被写体を選択」を利用すると、
①「被写体を選択」をクリック(自動)→そのまま利用可
または、
①「被写体を選択」クリック(自動)→②微調整 という工程で済むことがめちゃくちゃ増えました。
背景単色の場合だと一ボタンクリックだけでいい感じに選択範囲してくれるので、大量に切り取りが必要な場合や、色んな写真をテストしてみるなどの時に重宝してます!

テストしてみた

ねこ


①クイック選択ツールで必要な箇所を大雑把に選択→②細かく選択→③微調整の場合
2分50秒ぐらい

①被写体を選択(クリックするだけ)→②微調整
2分20秒ぐらい

集合写真


①クイック選択ツールで必要な箇所を大雑把に選択→②細かく選択→③微調整の場合
3分30秒ぐらい

①被写体を選択(クリックするだけ)→②微調整
3分ぐらい

1枚だけだと対した差がないように思いますが、10枚20枚と切り抜いた場合かなり違いますね…!
ワンクリックでここまでやってくれるので、微調節のそこまで苦じゃないなと思いました…!

まとめ

「被写体を選択」工程も少なく済むので便利です!やっとの思いで切り抜いた写真なのに、別の写真にしてくださいと指示がきてもこれでまだ立ち直りが早いですね!
今回のアップデートでは選択の自動化のみですが、今後のアップデートで、Sennseiが適切が画像をAdobestockから選んでくれたり合成してくれたりしてくれるそうです!
早く実装してくれたらいいなと思ってる機能が「DeepFill」です!「コンテンツに応じて塗りつぶす」の強化版らしいです。今までも「コンテンツに応じて塗りつぶす」は足りない背景だったり、欠けた部分だったりとかなり重宝してきたのですが、微妙に柄がズレたり、それじゃないなぁ~!って思うことがあったので、「DeepFill」でsenseiが画像認識して正しく塗りつぶしてくれるそうなので、さらにデザイン業務が楽になりそうですね。

by
FF14は弓でモンハンは虫でスプラトゥーンは赤ZAP使ってました。 ポケットキャンプで3時間ローテで時間が溶けていく…